なかなか消えないニキビ跡の原因と対策・解消方法

お肌ケアに力を入れていても、ニキビというのは出来る物です。

しかし一番困るのは、ニキビが改善したにも関わらず、ずっと跡が残ってしまうということではないでしょうか。

出来てしまったニキビは仕方がないけれど、跡が残らないようにニキビを治したいですよね。

一体どんなニキビなら跡を残さないで改善できるのでしょうか。

 

ニキビ跡の出来る原因は「いじること」

ニキビにはいろいろな種類があります。例えば白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビと呼ばれるものですね。

ニキビは、アクネ菌が繁殖して出来る物です。しかしはじめの段階では、毛穴に皮脂や角質が詰まった状態である白ニキビ、黒ニキビと呼ばれる状態がほとんどなのですね。

この状態であれば、皮膚にダメージはそれほどありません。まだそれほどニキビはひどい状態ではないのです。

きちんと洗顔をして清潔を保ち、オイルコントロール出来る化粧品を使用して皮脂のコントロールをすると、改善を期待できます。

しかしそれを無理やりいじって取ろうとすると?その時に皮膚を傷つけてしまうことがあり、跡が残る原因になるのです。

自然に取れるニキビはいいのですが、無理やり除去すると跡が残る原因になります。

 

跡が残るのは、炎症を起こしたニキビ

赤ニキビと言われる状態は、炎症を起こしていることを意味しています。

ニキビの中心は白や黒っぽい色をしていても、そこで雑菌が繁殖し、ニキビの周りで炎症を起こし始めるのですね。

炎症を起こした肌は、赤みを帯びますし、腫れることもあります。また膿を多く持つようになり、痛みが伴うこともあるのです。

ここまで来ると皮膚にダメージがあるので、当然跡が残る可能性が高くなります。

赤みを帯びたニキビは、膿疱性座瘡や集簇性座瘡といった診断名が付くこともあり、ニキビでも医療的な治療を必要とすることが多くなります。

この場合は、自己判断でニキビを改善しようとするのではなく、肌ケアをしながら、皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。

 

ニキビが出来たあとは、毛細血管が拡張しているので赤く見える

ニキビが改善した後は、その下に新しい皮膚が見えているのではないでしょうか。

しかしかさぶたが剥がれた時と同様、新しい皮膚というのは、赤く見えることがあります。

それは、皮膚自体が薄くなっていること、そして新しい細胞は、たくさんの毛細血管を形成するからなのです。

この毛細血管が薄くなった皮膚の下に見えることから赤みが強く浮き出る形になるのです。

この場合は、段々と新しい皮膚がしっかり出来てくれば、消えていくこともあります。

大切なことは、その皮膚を傷つけないことです。

健康的な皮膚は、それだけでバリア機能を持ち、ニキビの発生を押さえてくれるので、新しい皮膚もバリア機能を損ねないようにしっかり肌ケアをしていく必要があります。

 

ケロイド体質は、ニキビの跡が残りやすい

人はそれぞれ体質というものがあり、怪我をしても傷が残りにくい人、反対にすぐに傷として残る人もいます。

その違いは、ケロイド体質であるかどうかということです。ケロイド体質というのは、傷ついた肌の修復をする時に細胞を作り過ぎてしまう、そして盛り上がった皮膚になることを言います。

この盛り上がった部分が赤みを帯びるのですね。

ケロイド体質の人でなくても、何度もニキビをいじってつぶしてしまった、また同じ場所で何回もできたという場合、同じように皮膚が盛り上がって赤みを帯びることがあります。

この時に大切なことは、ニキビはなるべく悪化させないこと、そしていじらないことなのです。

そしてもしも炎症が起こったら、その炎症を鎮めるために、ニキビに適した治療を皮膚科で行うといいでしょう。

 

まとめ

ニキビは出来てもつらいですが、改善して跡が残ってもつらいです。

ニキビ跡ができた時のお手入れの基本は、洗顔と保湿、そしてオイルコントロールです。

気になるニキビ跡ですが、炎症を起こさない早目の段階で、スキンケアに力を入れることが大切です。

先ずはニキビ跡対策化粧品でお肌の手入れをし、ひどくなってしまった場合は無理せず専門医の元でニキビを改善させましょう。

ニキビ跡がなかなか消えなくて辛い思いをしている方はとても多いです。生活習慣を改善したり、食生活を整えてみても治らない時は、ニキビ跡対策用...

関連記事

ベルブランのニキビ跡への口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

薬用アクレケアのニキビ跡の口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

保存版!ニキビ跡に効く人気の化粧品おすすめ比較ランキング

リプロスキンベースのニキビ跡への口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人