座ると痛いお尻ニキビの原因と対策方法

顔のニキビは気になってすぐにケアをする人が多いけれど、お尻のニキビは誰にも見られないし・・・と放置をしてしまう人も多いでしょう。

お尻ニキビは普段は目立たないですが、水着を着たり、旅行などで温泉に行く際には他人に見られてしまうこともあります。

そのために、日頃からお尻ニキビのケアをしておくことが大切です。

 

乾燥によるお尻ニキビには角質除去が効果的!

お尻にニキビが出来てしまう原因として、乾燥によるものがあります。

顔は乾燥しないように化粧水や乳液でケアをするのが当然ですが、お尻のケアをする人は少ないでしょう。

お尻の皮膚が乾燥することによって角質が厚くなります。角質が厚くなると、肌のターンオーバーが正常にされなくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

対策としては、お尻を角質除去できるスクラブなどでマッサージしてあげることです。角質をとってあげることによって、お肌が柔らかくなります。

また角質を取った後は、乾燥しないようにクリームなどでしっかりと保湿をしてください。

厚くなってしまった角質を取り除いた、潤いのあるお肌はニキビなども出来にくくなります。

お尻ニキビや黒ずみができてしまうと厄介です。座るたびに痛みを感じたり、お尻のブツブツニキビや黒ずみが気になり何事にも集中できなくなります...

下着の摩擦に気をつけよう!

お尻にニキビが出来てしまう原因としては、化繊の下着などによる摩擦なども挙げられます。

特に若い女性はおしゃれな下着を上下セットで揃えると、たいていのショーツは化繊素材のものになります。

この化繊の下着というのがお尻に刺激を与えているのです。

お尻は座ったり、動いたりすることでスカートやズボンなどと摩擦が起こり、化繊のショーツ生地で肌に刺激を与えてしまうためニキビができてしまいます。

予防するには、ショーツは綿繊維のものを着用することです。綿のショーツは、とても肌に優しく蒸れなども少ないので、お尻に余計なダメージを与えません。

綿繊維のショーツはデザイン性には欠けるものも多いですが、ニキビの予防のためには普段は綿を身に着けることも大切です。

 

汗などの蒸れにもお尻ニキビの原因

お尻ニキビは夏にできやすいという人も多いです。

これは夏場、汗などでお尻が蒸れた状態になるため菌が繁殖しやすくお尻ニキビの原因となってしまうのです。

お尻ニキビは夏場だけでなく冬場にも起こります。これは冬場防寒のために通気性の悪いタイツやズボンを履くことが原因と考えられています。

お尻ニキビを予防するには、夏場も冬場も通気性の良い服装を心がけることが大切です。

夏場は、下着については綿を着用し、ズボンよりも通気性の良いふんわりとしたスカートを履きましょう。

また、冬場についても通気性の良い服は寒いですが、できるだけ、綿素材のものを重ね着などして防寒をするとよいでしょう。

 

食生活の改善!野菜中心の食事にしよう

そもそもニキビができてしまう原因として、食生活の乱れによるものもあります。

これはお尻のニキビだけに言えることではなく顔や体にニキビができやすい人も食のバランスが崩れていることがあります。

食事は、基本一汁三菜が基本です。ご飯、汁物、肉か魚を一品、そして豆食品や野菜を大目にとるようにすると良いでしょう。

自炊をするのがもっともよいですが、忙しくてできない場合は外食の際には必ずサラダを注文したり、お弁当を買う際もサラダを一緒につけるとよいでしょう。

また、海藻類や豆食品も身体のバランスを整えるのに必要な栄養素です。

青汁などを飲むのも簡単に野菜を摂ることが出来るので、忙しい人にはおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?お尻ニキビができる原因にはさまざまな要因があります。

思い当たる点があれば、改善するようにしましょう。

綺麗なお尻になれば、夏場の水着も自信を持って着ることができますし、なにより自分自身に自信が持てるようになり気分も明るくなるでしょう。

ニキビは治りにくいものと思われがちですが、原因と突き止めて対策をすれば徐々に改善することができますよ。

関連記事

ピーチローズのニキビや黒ずみへの口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

お尻ニキビや黒ずみに効く人気のクリームおすすめランキング3選

シアクルスベリージュの口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

フェアリームーンのお尻ニキビや黒ずみへの口コミや効果を徹底評価!おすすめする人と...