知っておきたいサリチル酸のニキビへの効果や副作用

ニキビができてしまうと、満足いくメイクが出来ないと悩んだことはありませんか?

さらに、ニキビがあると、人前に出るのが恥ずかしい、自分に自信が持てないと思ってしまったり…。

赤味帯びたニキビがたくさんできてしまうと、オシャレも心から楽しめなくなってしまいます。

そこで今、ニキビを改善したい方から、サリチル酸が注目を集めています。

サリチル酸には肌を柔らかくし、アクネ菌を減少させる効果が期待できます。

ただ、肌につけるものですから、敏感肌の方の中には合わない方もいます。今回はそんなサリチル酸のニキビへの効果と副作用をご紹介します。

 

サリチル酸のニキビに対する効果

大人ニキビに効果が期待できる成分に、サリチル酸があります。

この成分には肌を柔らかくする効果が期待できるため、この成分を肌に塗ると、角質が固くなるのを防ぐことができます。

ニキビの中には固くなった角質が詰まっていることがあります。

この角質が柔らかくなれば、ニキビの炎症は治まるはずです。

また、この成分には殺菌作用も期待できます。

ニキビを作ってしまう菌にアクネ菌がありますが、このアクネ菌を減少させる効果が期待できるのです。

アクネ菌が減少すれば、大人ニキビは改善することができます。

さらに、サリチル酸にはケミカルピーリングの効果も期待できます。

ケミカルピーリングとは、毛穴に詰まった古い角質や老廃物を溶かして取り除くことです。

ニキビには老廃物が詰まっていることが多々あるため、この老廃物を取り除けばニキビは小さくなるということになります。

よってサリチル酸を含んだクリームなどを顔に塗布すれば、ニキビができるのを予防したり、また、出来てしまったニキビの炎症を抑える効果が期待できます。

サリチル酸のケミカルピーリング効果によって肌の新陳代謝も活発になれば、ニキビだけでなく、様々な肌トラブルを解消することができます。

 

サリチル酸の副作用

ニキビ解消に役立つサリチル酸ですが、メリットばかりではなく、デメリット、いわゆる副作用もあります。

サリチル酸の副作用として考えられるのは、肌のかゆみ、肌がほてるといった症状です。

肌に塗るものですから、肌に合う、合わないということが人によって起こることは考えなければなりません。

よって、サリチル酸が配合された化粧品などを使うときは、必ずパッチテストをしてから使うようにしてください。

肘の裏など、外からは目立たないところでパッチテストをすれば、安心して顔にも使うことができます。

 

まとめ

ニキビだけでなく、様々な肌トラブルに効果が期待できるサリチル酸は、どのような化粧品を使ってもニキビが改善できなかった、肌がキレイにならなかったという方に、ぜひとも試してほしい成分です。

サリチル酸の殺菌作用でアクネ菌を減少させ、肌を柔らかくする効果で角質が固くなるのを予防すれば、ニキビは確実に少なくなっていくはずです。

さらに、サリチル酸のケミカルピーリング効果で肌の新陳代謝を活発にして、美肌を目指してください。

関連記事

水溶性プラセンタエキスのニキビへの効果と副作用

グリチルリチン酸ジカリウムのニキビへの効果と副作用