リプロスキンベースのニキビ跡への口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

リプロスキンベースはニキビ跡がなかなか治らない人のために開発された人気のニキビ跡化粧水です。

満足度が96.1%以上と高評価です。ニキビ・ニキビ跡ケア化粧品部門でも5冠を達成しています。

今回はリプロスキンベースのニキビ跡への口コミや効果を徹底評価し、おすすめする人としない人を紹介します。

通常価格5,600円
定期価格初回2,490円
2回目以降は4,980円
1日分の値段83円〜
定期便の縛り無し
内容量初回50ml
2回目以降100ml
返金保証60日間(定期便のみ)
成分ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム、 グリシルグリシン、 コメヌカスフィンゴ糖脂質、 水溶性コラーゲン(F)、 ゼニアオイエキス、 アマチャヅルエキス、 ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、 ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、 シュガースクワラン、 N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、 コラーゲン・トリペプチド F、 加水分解ヒアルロン酸、 D-マンニット、 アロエエキス(2)、 デキストリン、 ワルテリアインディカ葉エキス、1,3-ブチレングリコール、 1,2-ペンタンジオール、 濃グリセリン、 ホエイ(2)、 グルコン酸ナトリウム、 コメヌカエキス、 酵母エキス(3)、 海藻エキス(1)、 ダイズエキス、 アーティチョークエキス、 水素添加卵黄レシチン、 卵黄リゾホスファチジルコリン、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、 ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、 デカメチルシクロペンタシロキサン、 トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、 ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、 クエン酸、 クエン酸ナトリウム、 水酸化ナトリウム、 フェルラ酸、 フェノキシエタノール、 香料
備考男女ともに使える

特別価格で購入できるリプロスキンベースの公式HPはこちら

※知りたい情報がピンポイントである方は、目次ですぐにその情報が書いてある場所まで飛ぶことができます。

リプロスキンベースの特徴

先ずはリプロスキンベースの特徴を紹介していきます。

成分から分かるニキビへの効果

リプロスキンベースの最大の特徴は、「トリプルブースターシステム」を採用していることです。

トリプルブースターシステムとは
・水に溶けやすい美容成分:グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸、プラセンタエキス
・油に溶けやすい美容成分:スクワラン、フェルラ酸、米セラミド
・潤いの通り道:アマチャヅルエキス

の3つでニキビ跡を解消しお肌を守ろうというシステムです。

水に溶けやすい美容成分で角質層まで美容成分を届け、油に溶けやすい美容成分でお肌を守り、潤いの通り道でお肌に潤いを与えることに成功しました。

リプロスキンベース一つで、お肌の下地を整え綺麗な肌を手にいれることができるんです。

 

ニキビにも効果はある?

リプロスキンベースはニキビ跡だけでなくニキビにも効果はあります。

 

クレーターニキビにも効果ある?

リプロスキンベースはクレーターニキビにも一定の効果は効果あります。3か月程度でクレーターニキビが気にならなくなったという意見が多いですね。

ただクレーターニキビに対しては個人差はあると思うので、3,4ヶ月試してみることをオススメします。

 

10代の高校生や大学生にも効果ある?

リプロスキンベースは低刺激なので、10代の高校生や大学生にも効果はあります。

 

生理前ニキビにも効果ある?

リプロスキンベースは生理前にできやすいニキビにも効果的です。

 

ベタつきや香りはある?

リプロスキンベースはベタつきはほとんどありません。

香りは爽やかなバラの香りでリラックスできます。

 

男性でも使える?

リプロスキンベースは女性だけでなくもちろん男性でも使用可能です。

 

どの肌質タイプの人におすすめ?

リプロスキンベースは低刺激なので、敏感肌の人に特にオススメです。

乾燥肌や脂漏性肌・混合肌の肌質タイプの人にもオススメできます。

結構さっぱりしているので、春・夏・秋などは問題ありませんが、冬など乾燥する時期は美容液と併用することをおすすめします。

特別価格で購入できるリプロスキンベースの公式HPはこちら

 

ビーグレンとベルブランとリプロスキンどれがオススメ

ビーグレンとベルブランもリプロスキン同様にニキビ跡に効果があると評判です。

この3つを比較すると、
ビーグレンは効果は高いけれど刺激が強め。
ベルブランは美容液なので保湿効果が高め。
リプロスキンベースは低刺激で安心。

と言う印象です。

・普通肌の人はビーグレン
・敏感肌の人はリプロスキンベース
・乾燥肌で美容液を使いたい人はベルブラン

がオススメです。

 

リプロスキンベースの使い方

リプロスキンベースの使い方は、洗顔後手のひらに適量を取って、手で温めるように馴染ませてます。

そのあと押させるようにして顔に付けていくのが効果的です。

 

リプロスキンベースの副作用や刺激は?

リプロスキンベースは低刺激なので、敏感肌の人でも基本的には副作用なく安心して使えます。

ただし全員の肌に合うわけではないので、不安な方はまず手の甲などでパッチテストを行いましょう。

 

リプロスキンベースの口コミ・評判

(女性)

(女性)
口コミ評価:とても良い
凸凹ニキビ跡が気になり始め、口コミで評価の高かったリプロスキンベースを使ってみることにしました。刺激もなくお肌にスーッと浸み込んでいく感じが気持ち良いです。お肌がきめ細かくなり、肌荒れやニキビ跡も解消されてきました。お肌のトーンも明るくなってきたので、美肌ケアのためにこれからも使い続けようと思います。
(女性)

(女性)
口コミ評価:とても良い
リプロスキンベースを使ってからお肌の調子が良くなり化粧ノリも良いです。今まではニキビ跡がひどくて前髪で隠していたんですが、今はおでこの出るヘアスタイルにし、顔を上げて街を歩けるようになりました。
(女性)

(女性)
口コミ評価:悪い
一本使ってみましたが、それほど効果は感じませんでした。やっぱりすぐに効くわけではないんですね。
(女性)

(女性)
口コミ評価:良い
今までニキビやニキビ跡を隠すために厚塗りして出かけていましたが、リプロスキンベースのおかげでニキビが治ってからはスッピンにも自信が持てるようになり、出かける時も簡単なメイクで済むようになりました。

(女性)

(女性)
口コミ評価:とても良い
最初は半信半疑でしたが、使ってみて1週間位たった頃からニキビが気にならなくなってきました。こんなに効くとは思っていなかったので驚きです。友達にも「最近綺麗になった?」と言われて嬉しくなっちゃいました^^

特別価格で購入できるリプロスキンベースの公式HPはこちら

リプロスキンベースの値段

リプロスキンベースの値段は1本5,600円です。

定期便の場合は送料無料で初回2,490円、2回目以降は4,980円で買えます。

1日約83円からニキビ跡対策ができるのでかなりお買い得です。

 

市販の薬局やドラッグストアの販売店で購入できる?

リプロスキンベースは市販の薬局やドラッグストアの販売店で取り扱いがないので、公式HPで買うのがオススメです。
<h3定期便の継続回数は?

定期便を申し込んだ場合は、4回以上の受け取りが必要です。

 

返金保証は付いてる?返金方法は?


リプロスキンには60日間の返金保証が付いています(定期便のみ)。

万が一お肌に合わない場合はお金を返してもらえるので、ノーリスクで試すことができます。

返金方法はまず、事前に電話で連絡をしましょう。
電話番号:0120-425-700
受付時間:9時~21時(年末年始除く)

サポートセンターの指示に従い返金を求めましょう。

返金は手続きが幾つかあるため、詳しくは公式HPで事前に確認しておきましょう。

 

解約方法は?

リプロスキンベースはメールや電話一本で解約が可能です。

 

リプロスキンベースをおすすめする人

・ニキビやニキビ跡が気になっている人
・お肌の乾燥が気になっている人
・敏感肌で肌が弱い人
・脂漏性肌の人
・美肌を手に入れたい人
・オシャレをもっと楽しみたい人
・自分に自信を持ちたい人

 

リプロスキンベースをおすすめしない人

・リプロスキンベースだけで保湿対策をしたい人
・毎日続けるのが面倒くさい人
・高いお金を出してまでニキビ跡を治したくない人

 

総合評価


以上がリプロスキンベースを徹底的に調べた結果です。

リプロスキンベースの総合評価は97/100点です。

低刺激で保湿力もあり、ニキビ跡に効く成分がたくさん入っているため97点の高評価としました。

リプロスキンベースはニキビ跡で悩まれている方に、是非お勧めしたい化粧水です。


特別価格で購入できるリプロスキンベースの公式HPはこちら

関連記事

ベルブランのニキビ跡への口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

保存版!ニキビ跡に効く人気の化粧品おすすめ比較ランキング

薬用アクレケアのニキビ跡の口コミや効果を徹底評価!おすすめする人としない人

なかなか消えないニキビ跡の原因と対策・解消方法