水溶性プラセンタエキスのニキビへの効果と副作用

毛穴の中に汚れや皮脂が溜まり、中でアクネ菌が繁殖するとニキビが発生します。

ポツポツと目立つ上に、放置すると跡が残りかねないために正しいニキビケアを行いたいところです。

そんなニキビケアに近頃注目されているのが水溶性プラセンタエキスです。

今回は、水溶性プラセンタエキスのニキビへの効果と副作用を紹介します。

 

水溶性プラセンタエキスのニキビへの効果

プラセンタエキスとは豚や馬など動物の胎盤から抽出したエキスのことを言います。

赤ちゃんを育てるために必要な成長因子やビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素など豊富な成分が含まれています。

ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビなどいろいろな種類があり、右に行くほど症状が重くなります。

白ニキビ、黒ニキビは軽度なニキビなので改善しやすいです。

しかしアクネ菌による炎症で赤くなる赤ニキビ以上まで進行すると改善するのが大変です。

黄ニキビ以上まで進行すると跡が残りやすくなります。

そんなときでも水溶性プラセンタエキスなら炎症を抑える作用、肌トラブル改善作用があるためニキビの改善にも有効です。

大人ニキビの場合は肌の乾燥により角質が固くなり、毛穴を塞ぐことが原因となっています。

水溶性プラセンタエキスには優れた保湿作用があり、乾燥した肌にうるおいを与えて大人ニキビを予防します。

紫外線を浴びすぎると身体に活性酸素が増えてニキビによる炎症を悪化させることがありました。

水溶性プラセンタエキスには優れた抗酸化力があり、身体に増えた活性酸素を除去する作用があります。

ホルモンバランスの乱れもニキビの悪化に繋がりやすいです。水溶性プラセンタエキスにはホルモンバランスを整える作用があり、ホルモンバランスの乱れによるニキビ悪化の予防が期待できます。

一つの成分ながら複数の作用が期待できると言うのが大きいです。他にも美白や美肌作用、疲労回復作用、血流改善作用など様々な作用があります。

肌にはバリア機能があり水溶性の成分では弾くために浸透性が悪いことがありました。

しかし水溶性プラセンタエキスの原液だと肌への浸透性が良いと言うメリットがあります。

水溶性プラセンタエキスを浸透させるときはきちんと洗顔してから行うと良いです。

 

水溶性プラセンタエキスの副作用

水溶性プラセンタエキスは安全性の高い成分のために殆ど副作用は無いと言われています。

しかしタンパク質やアミノ酸が含まれているため、アレルギーを持っている方は接触皮膚炎と言う症状が起きる可能性があります。

アレルギー体質の方は医師に相談してから使用して下さい。

 

まとめ

水溶性プラセンタエキスについてここまで紹介してきましたが参考になったでしょうか。

水溶性プラセンタエキス配合化粧品を選ぶときは安全性の高い原料を使用した原液を選ぶのがおすすめです。

ニキビで悩んでいる方は併せて生活習慣も見直ししてみると良いです。
 
⇒人気の大人ニキビ化粧水ランキングページはこちら

関連記事

グリチルリチン酸ジカリウムのニキビへの効果と副作用

知っておきたいサリチル酸のニキビへの効果や副作用